• HOME
  • ニュース&トピックス
  • 日本医療研究開発機構(AMED)
    【公募】令和3年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」に係る公募

日本医療研究開発機構(AMED)
【公募】令和3年度「再生医療実現拠点ネットワークプログラム(疾患特異的iPS細胞の利活用促進・難病研究加速プログラム)」に係る公募

<事業概要>
令和3年度については、令和元年9月に文部科学省 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会 ライフサイエンス委員会 幹細胞・再生医学戦略作業部会がとりまとめた「今後の幹細胞・再生医学研究の在り方について(第3版)」(令和元年9月3日 幹細胞・再生医学戦略作業部会)を踏まえた研究開発を推進します。具体的には、疾患特異的iPS細胞の利活用促進のために、すでに樹立した疾患特異的iPS細胞または理化学研究所バイオリソースセンターに寄託されている疾患特異的iPS細胞を活用した基礎的研究、主に疾患の病態解明を目指した研究を進めます。そこで、令和3年度は「病態解明課題」を公募します。
■公募研究開発課題名
病態解明課題
担当機関/日本医療研究開発機構(AMED)
公募開始日:2020/12/01
公募締切日:2021/1/15
予算金額:1課題当たり年間 15,000千円程度(間接経費を含まず)
URL:https://www.amed.go.jp/koubo/13/01/1301B_00006.html