プロジェクト

情報サイト「サイサチ」誕生前夜!

リカケンホールディングスグループでは、いくつかのDXプロジェクトが急ピッチで進んでいます。カタログサイト、受託サイトの構築、前号でも紹介した「いつものアプリSpina」の開発、そして情報サイト……。今回は、この話題から!

作ることは決まっている。だけど……

それは、ある日の経営会議でのできごとでした。

「ところで、情報サイトってどうなってるの?」

森川徹社長からの鋭い質問が……。

プロジェクトリーダーのYは即座に答えました。

「順調です。もうサイト名も『サイサチ』と決まっています」

「サイサチ? いいね」

この瞬間から、サイサチの名は、リカケンホールディングスグループの中で、期待を持って静かに広がっていきました。

さて、その中身は……?

実はこの時点では、何十もの案から選ばれた、サイサチという名称以外、何一つ具体的なメニューは決まっていませんでした。

そこに行けば必ずヒントが見つかる!そんな情報サイトが作りたい

サイサチとは、「サイエンスに幸(サチ)あれ」にちなんだ名称。

研究者の皆様のお役に立つことで、サイエンスの世界に貢献したい。そんな願いが込められています。

サイサチを、どんな情報サイトにするか。漠然としたイメージはありました。

  • 研究者をはじめ、ライフサイエンスに関わる人たちが集い、ナレッジを共有できる。
  • 様々なフォーラムが開催されていて、インタラクティブに交流でき、人的なネットワークを広げられる。
  • 世界中の学会情報や海外の論文検索ができる。
  • 世界各国の展示会情報が得られ、バーチャルツアーにも参加できる。
  • 最先端の試薬や機器等の商品情報やレビューが常にアップデートされている。
  • 商品のデモンストレーションや、モニター募集の情報がある。
  • 予算申請情報など、お役立ち情報が集まっている。
  • 研究所運営の参考にできるベストプラクティス(好事例)が紹介されている。

などなど……。

リカケンホールディングスグループからの一方的な発信だけでなく、研究者、ベンダー、メーカーの方々が自ら発信できるミートアップの場も提供したい。

「とにかくサイサチに行けば、手がかりが得られるよね」

そんなふうに言っていただける情報&交流サイトを目指したい。

忙しい研究者の皆様には、欲しいと思う情報が、探そうと思うその前にお手元に届く、そんなサイサチレター(メールマガジン)の配信も考えています。

ニーズやトレンドをキャッチし、柔軟に変わり続ける

世の中に、情報サイトやコミュニティサイトは数多くありますが、鳴り物入りでオープンしたものの最初の勢いは1年と続かず、衰退し忘れ去られるサイトは少なくありません。そんな情報サイトにはしたくない。

そのためには、トレンドをキャッチし、柔軟に変わり続ける。ユーザーの皆様といっしょに走りながら考える。そんな運営を目指していきたいと考えています。

リカケンホールディングスグループでは従来、「Labcab」、「LabcabNews」など、クオリティの高い専門誌を発行してきました。これらの紙媒体が担っていた情報発信の機能は、サイサチが受け継ぎます。それに加え、デジタルならではの拡張性、利便性を提供できればと思っています。

サイサチは、10月にはオープンの予定。最初は最小限のコンテンツからスタートしますが、皆さまのご意見をいただきながら、「欲しい」「知りたい」が解決できる情報サイトに成長させていきたいと考えています。ぜひ、応援のほど、お願いいたします!